赤ちゃんを抱く父親

葉酸は、とくに妊娠中に多く必要とされる栄養素です。

妊娠中でない場合の1日必要量は240μgですが、妊娠中はその倍、1日480μgが必要とされています。

では、葉酸を多く含む食品、ベスト5を紹介します。

なお、葉酸を多く含む食品、といっても、単純に食品のグラム数あたりの葉酸量の含有量が多い順、とはしません。

なぜなら、割合的にいくら多くても、その食品はふつうそんなに多く食べられないよ、というものを上位に挙げても仕方ないからです。

 

葉酸を多く含む食材はコチラ

さて、1位は間違いなくレバーです。

牛、豚、鶏どのレバーにも葉酸は多く、100gあたり1000μg程度は含んでいます。

レバーは苦手、という人は多いかもしれませんが、一口でも食べることで必要量のかなりを補うことができます。

やっぱりレバーはちょっと、という人は2位以下で摂りましょう。

2位は納豆です。

100gあたりでは120μgの含有量ですが、1パックで50~60μgは摂れる計算です。

納豆も苦手ですか。

困りましたね。

では3位は海苔です。

海苔も苦手という人はあまりいないでしょう。

焼き海苔、味付け海苔は100gあたり1500μgから2000μg程度の葉酸を含みます。

海苔1食分約3gとして、50μgは摂れます。

さて次ですが、実は2位から5位はまでかなりの混戦というか、ほとんど同じなのです。

ですので、どれでも好きなもので取ればよいです。

4位は枝豆を挙げておきます。

枝豆の1食分というのは人それぞれでしょうが、20gとしてやはり50μg程度の葉酸を含みます。

5位はブロッコリーです。

これも人それぞれかもしれませんが、サラダ1食分50gとして同じく50ug程度を含んでいます。