男の赤ちゃん

葉酸は植物の葉に多く含まれている、ビタミンB群のひとつで、水溶性のビタミンです。

また葉酸はDNAの合成や細胞分裂にかかわる他に細胞分裂や新陳代謝が活発な組織でとても必要になります。

細胞分裂が活発な胎児に必要になり、妊婦の方は胎児の成長のために葉酸を摂取することが勧められています。

妊婦に対しての葉酸の効果効能はお腹の中の胎児が先天性奇形を防いだり、心臓病の予防があるといわれています。

また妊婦には出産後の母乳の出が良くなったり、貧血の予防など様々な効果効能があるといわれています。

葉酸の効果効能を得るためには、葉酸を妊娠をする約1ヶ月前から妊娠をして3ヶ月頃までに摂取することによって胎児の先天性奇形を予防できるといわれています。

 

1日に摂取する葉酸の目安は妊娠中は0.4mgが目安で出産後の授乳中は葉酸を0.3mgとることによって胎児の正常に発育するといわれています。

人間は赤血球を作る時に葉酸が必要になりますので、葉酸の摂取が不足してしまうと貧血になりやすくなります。

貧血予防に効果があるといわれており、その他にも葉酸の摂取によって子宮頸がんの予防効果にも繋がるとされています。

一般的に日本食を食べていれば葉酸不足になりにくいとされています。

日本人の食生活も変化していますので葉酸不足になっている可能性は高く、多量に飲酒される方は特に葉酸が不足しているケースがありますので注意が必要になります。